小鳥の歌学習・ヒトの言語獲得といった『発声学習』はどのように発達し?、進化してきたのか?

それらが脳内の神経回路・遺伝子によって、どのように制御されているのか?

 

 上に示した問題を行動・神経回路・神経細胞・シナプス・遺伝子レベルで理解することを、当研究室では目指しています。

 ヒトの言語を含めた多くの『発声学習行動』の個体差・種差はこの『生まれ(遺伝)と育ち(環境)』の両方の影響を受けて形成されます。その遺伝と環境とがどのように相互作用しているか?この過程で遺伝要因・環境要因、そして動物自らが生成する発声行動そのものが、どのようなタイミングで、どのような役割を演じているのか?

「発声行動学習」を通して、『個の確立』がいかになされるのか生命科学的に理解することを目指し、研究を行っています。

 

 その研究戦略として、鳴禽類ソングバードを動物モデルとして音声発声学習(さえずり学習)、及びその学習臨界期の研究を進めています。 (下図及び、イントロダクション 参照)

 

 

<現在取り組んでいる主要な研究対象>  

 (詳細は内容 参照)

 

- 発声学習と学習臨界期制御に関わる神経分子メカニズムの解明

 :感覚運動学習とその学習臨界期制御を 神経活動依存的なエピジェネティクス制御の観点から理解する

 

- 発声行動パターン進化・個体差生成の神経分子基盤の解明

 : 動物種特異的な発声行動パターンはどのようにして生成され、 進化してきたのか?そのゲノム分子基盤を探る

 

- 動物モデルを用いた発話コミュニケーション障害への応用研究 

 : ヒトの言語コミュニケーション障害(特に吃音と聴覚障害)の動物モデルから考える「生まれと育ち」

 

 

<募集中>

i)  実験補佐員

 あまり多くの給与を支給できませんが、曜日・時間は比較的フレキシブルで構いません。今後なるべく長く継続して勤めていただける方を希望します。また、分子生物実験・動物実験の経験があればとても助かります。 ご関心のある方は和多までご連絡ください。

 

ii) 日本学術振興会・特別研究員

 独立した研究者を目指し、将来に続いていく研究を志向していける研究環境を提供できればと考えています。 ご関心のある方はご連絡ください。

 

 

<News!>

2017, April 29

卒業生の佐藤大介君の結婚式がありました。末永くお幸せに。めでたい。めでたい。

 

2017, April

 新4年生として柴田ゆき野さん、鈴木椎加さんが研究室に加入しました。これからの頑張りに期待しています。

 

2016, November 26、December 6

早瀬君 Shin HayaseがAvian Brain and Behaviour, Sapporo Workshop 2016、NIPS International Symposium “Towards elucidation of memory engram” で口頭発表しました。このような発表の機会をいただき、どうもありがとうございました。