Neurobiology for Vocal learning

  『発声学習 (vocal learning)』は、ヒトの言語や小鳥の歌といった音声コミュニケーション形成に重要です。しかし、それらが脳内の神経回路・遺伝子によって、どのように制御されているのか?、どのように発達し?、進化してきたのか?まだ、ほとんど理解させていません。これらの問題を行動・神経回路・神経細胞・シナプス・遺伝子レベルで理解することを、当研究室では目指しています。

 

 ヒトの言語を含めた多くの発声学習行動は『生まれ(遺伝)と育ち(環境)』の両方の影響を受けて個体差・種差を形成します。遺伝と環境とがどのタイミングで、どのように相互作用しているか?そして、動物自らが生成する発声という自発的行動そのものが、どのような役割を演じているのか?「発声行動学習」を通して、『個の確立』がいかになされるのか生命科学的に理解することを目指し、研究を行っています。

 

 その研究戦略として、鳴禽類ソングバードを動物モデルとして音声発声学習(さえずり学習)、及びその学習臨界期の研究を進めています。 (下図及び、イントロダクション 参照)

 

 

<現在取り組んでいる主要な研究対象>  

 (詳細は内容 参照)

 

- 発声学習と学習臨界期制御に関わる神経分子メカニズムの解明

 :感覚運動学習とその学習臨界期制御を 神経活動依存的なエピジェネティクス制御の観点から理解する

 

- 発声行動パターン進化・個体差生成の神経分子基盤の解明

 : 動物種特異的な発声行動パターンはどのようにして生成され、 進化してきたのか?そのゲノム分子基盤を探る

 

- 動物モデルを用いた発話コミュニケーション障害への応用研究 

 : ヒトの言語コミュニケーション障害(特に吃音と聴覚障害)の動物モデルから考える「生まれと育ち」

 

 

<募集中>

博士研究員(ポスドク)1名

 分子生物学、動物行動学、ゲノムサイエンス、神経生理学等のバックグランドをお持ちの方で、当研究室の志向を理解し、独自の挑戦的な研究を目指したい方、是非ご連絡ください。

 

 

<News!>

2017, October 27

McGill UniversityからDr. Jon SakataとDr. Sarah Wooleyが研究室を訪問され、セミナーをしていただきました。

 

2017, Oct

今年4月に卒業した石郷岡君がドイツのキール大学に修士課程に入学するとの連絡をもらいました。異国の地での実り多い経験・時間となることを祈っています。頑張れ!

 

2017, August, 26

早瀬晋君が日本動物学会北海道支部大会で優秀発表賞をいただきました。