研究内容

『生まれと育ちと』との観点から、

行動発達の個体差・種特異性の神経分子基盤を理解するために。


(詳細は各項目をクリックしてください。)

 

イントロダクション

 なぜソングバードを用いた研究をするのか?

 

脳内エピジェネティクス制御と発声学習とその臨界期

 何を、いつ、どれだけするのか、その行動が脳内でどのような影響を与えるのか?

    「同じように見える行動が脳内では違う意味を与える」

 

行動進化の神経分子基盤の解明

 ソングバードだからこそできる研究を目指して 。

 動物行動はいかにして進化してきたのか?その分子基盤は?

 「個体差と種差との狭間で見えるもの」

 

ヒト コミュニケーション障害への応用

 音声発声学習ができる動物だからできる研究。 

 発声学習をする動物モデルの可能性 

 

 

高校生向けの研究室紹介:北海道大学『知のフロンティア』掲載内容

北大 「知のフロンティア」第4号 原稿.pdf
PDFファイル 1.6 MB