研究室メンバーの学会発表記録

2017年度 学会発表記録

 

日本進化学会 第19回東京大会

(京都 京都大学)

2017年8月25日

『鳴禽類ソングバードの種特異的発声パターン生成の神経分子基盤』

和多和宏 (口頭発表)

 

日本動物学会 北海道支部大会

2017年8月26日

(札幌 北海道大学)

『ソングバード発声学習臨界期における練習経験依存的な脳内遺伝子転写制御』

早瀬晋*、和多和宏 (口頭発表)

 

2016年度 学会発表記録

 

第39回日本神経科学会年会

(横浜 横浜国際コンベンションセンター) 

2016年7月20日

自発的な発声経験により制御されるソングバードの発声学習臨界期と脳内遺伝子 発現制御』

早瀬 晋*、大串 恵理、小林 雅比古、和多和宏 (口頭発表)

 

Workshop on Evo-Devo of Vocal Learning and Plasticity

(東京 東京大学駒場キャンパス)

2016年7月31日

『Predisposition of vocal learnability in hybrid songbirds』

Wada K*, Azusa S. (口頭発表)

 

日本進化学会 第18回東京大会

(東京 東京工業大学)

2016年8月25日

『発声による脳内遺伝子発現コントロール:行動と進化を結ぶエピジェネティクス』

和多和宏 (口頭発表)

 

 

Society for Neuroscience meeting

2016, November 14

(USA, San Diego, San Diego Convention center)

『Accumulation of vocal experience regulates the critical period of vocal plasticity during active learning of birdsong』

Hayase S, Ohgushi E, Kobayashi M, Wada K (ポスター発表)

 

 

Avian Brain and Behaviour, Sapporo Workshop 2016

"Learning and cognition embedded in

animal behabiours "2016,

2016年11月26日(札幌 北海道大学)

『Accumulation of vocal experience regulates the critical period of vocal learning in songbirds』

Hayase S*, Wada K (口頭発表)

 

 

NIPS International Symposium

“Towards elucidation of memory engram”

2016年12月6日 (岡崎 生理学研究所)

『Accumulation of vocal experience regulates the critical period of vocal learning in songbirds』

Hayase S*, Wada K (口頭発表)

 

2015年度 学会発表記録

 

第38回日本神経科学会年会

(神戸 神戸コンベンションセンター) 

2015年7月28日

『Audition-Independent Vocal Crystallization Associated with Intrinsic Developmental Gene Expression Dynamics

聴覚に依存しない発声パターン固定化のメカニズム」』

森千紘、和多和宏 (ポスター発表)

 

Society for Neuroscience meeting

2015, October 18

(USA, Chicago, McCormick Place)

『Familial genetic bias in vocal babbling pattern at early song

development』

Sato D, Wada K (ポスター発表)


日本動物行動学会

2015年11月20日(東京・東京海洋大学)

『鳴禽類交雑種の歌学習の個体差に与える学習バイアス』

澤井梓、和多和宏 (ポスター発表)

 

2014年度 学会発表記録

 

日本実験動物科学技術 さっぽろ2014(第61回日本実験動物学会総会・第48回日本実験動物技術者協会総会)

(札幌 札幌コンベンションセンター)

2014年5月15日

『鳴禽類ソングバードを用いた音声コミュニケーション障害の神経行動学的研究』

和多和宏 (シンポジューム発表)

 

International Congress of Neuroethology (ICN) 2014

国際神経行動学会

(札幌 札幌コンベンションセンター)

2014年7月29日

『Robustness of developmental gene expression dynamics for vocal learning』

Chihiro Mori & Kazuhiro Wada

 

2014年7月31日

『Regulation of singing-driven gene expression in the song system during the critical period for vocal learning』

Shin Hayase, Eri Ohgushi, Masahiko Kobayashi, Kazuhiro Wada

 

日本動物学会 北海道支部大会

2014年8月23日

(函館国際水産・海洋総合研究センター)

『囀り獲得における遺伝―環境相互作用の解明』

 澤井梓、今井礼夢、和多和宏 (口頭発表)

 

『ソングバードの発声パターンに個体差が現れる時期・生成要因に関する研究』

佐藤大介、和多和宏 (口頭発表)

 

Cold Spring Harbor Asia Conference, Neurobiology: Diverse Species & Conserved Principles

2014, September 15-19

(中国 蘇州 Dushu Lake Conference Hotel)

『A neuronal constraint and learnability of a species-specific vocal pattern in songbirds』

Kazuhiro Wada (Invited talk)

 

記憶回路研究会:「個体内記憶回路の同定とその機能解析による学習記憶制御基盤の統合的理解」

2014年10月8-9日(岡崎 生理学研究所)

『発声行動依存的遺伝子発現動態変化と発声学習臨界期制御』

和多和宏 (口頭発表)

 

第7回 若手Evo-Devo青年の会: 「変動する環境と発生への衝撃」

2014年10月11-12日(三島 遺伝学研究所)

「学習によって獲得されるソングバード発声行動表現型可塑性:自らの行動によって駆動される『種としての拘束と個としての自由』」

和多和宏 (口頭発表)

 

日本動物行動学会

2014年11月2日(長崎・長崎大学)

『ソングバードの発声パターンに個体差が現れる時期・生成要因に関する研究』

佐藤大介、和多和宏 (ポスター発表)

 

Society for Neuroscience meeting

2014, November 19

(USA, Washington DC, Washington DC convention center)

『Experience-dependent regulation of singing-driven gene expression in the song system during the critical period of vocal learning』

Hayase S, Ohgushi E, Kobayashi M, Wada K (ポスター発表)

 

2013年度 学会発表記録

 

基礎生物科学研究所重点共同利用研究シンポジューム

"New Animal Models for Society Neuroscience"

(岡崎, 岡崎カンファレンスセンター)

2013124日 

Songbird as an Animal Models for Vocal Communication Disorder with a View from Nature via Nurture

Kazuhiro Wada (口頭発表)

 

第36回日本神経科学会年会

(京都 国立京都国際会館) 

2013年6月22日

『ソングバード歌発達における学習臨界期中の脳内遺伝子発現誘導率制御」』
早瀬晋 大串恵理小林雅比古和多
和宏(ポスター発表)

 

Cold Spring Harbor Laboratory meeting: Avian model system

(NY, Cold Spring Habor Laboratory)

2014年3月6日

Active and passive vocal crystallization associated with developmental gene expression dynamics』

Mori C. & Wada K. (Poster presentation)

 

2012年度 学会発表記録

 

包括脳ネットワーク 夏のワークショップ

(仙台・仙台国際センター)

2012726

仙台国際センター

「継続的な発声行動は遺伝子発現誘導率を脳部位選択的に変化させる」

早瀬晋、大串恵理、小林雅比古、和多和宏 (ポスター発表)

 

2012727

「鳴禽類ソングバードにおけるウイルス発現系を用いた神経科学研究」

和多和宏  (口頭発表) 

 

10th International Congress of Neuroethology

(University of Maryland, USA)

201288

A role of the basal ganglia-forebrain circuit for biasing species-specific behavioral patterns
Raimu Imai, Kazuhiro Wada (
ポスター発表)

 

An inherited genetic program for acquisition of species-specific vocal pattern in songbird

Mori C, Liu W and Wada K (ポスター発表)

 

Epigenetic gene expression dynamics induced by singing in a critical period of vocal learning

Kazuhiro Wada , Masahiko Kobayashi, Wan-chun Liu (ポスター発表)

 

日本動物学会北海道支部第57回大会

(札幌, 北海道大学)

2012825

『鳴禽類の発声学習における囀りパターン固定化の 神経機構』

森千紘, 和多和宏 (口頭発表)

 

『囀りパターン学習時の種特異的バイアスを与える大脳皮質・基底核・視床ループの役割』
今井礼夢, 和多和宏 (口頭発表)

 

『継続的な発声行動は遺伝子発現誘導率を脳部位選択的に変化させる』

早瀬晋, 大串恵理, 和多和宏 (口頭発表・奨励賞受賞)

 

SFN Neuroscience 2012

(New Orleans N. Morial Convention Center)

20121014

Continual vocal behavior influences induction of motor-driven genes in songbird vocal areas

Shin Hayase, Eri Ohgushi, Masahiko Kobayashi, Kazuhiro Wada(ポスター発表)

 

Variation in gene expression and DNA methylation state in wild and domesticated songbird strains

Kazuhiro Wada, Shin Hayase, Raimu Imai, Chihiro Mori, Masahiko Kobayashi, Wan-chun Liu, Miki Takahasi, and Kazuo Okanoya (ポスター発表)

 

新学術領域研究3領域合同国際シンポジューム

International Symposium on Organization and Function of The Nervous System

(東京, 東京大)

20121127日 

Temporal-spatial regulation of singing-induced genes and epigenetic dynamics in the critical period for vocal learning in songbirds

Kazuhiro Wada (口頭発表)

2011年度 学会発表記録 

 

日本エピジェネティクス研究会 第5回年会

(熊本県 熊本市) 

2011519

『発声行動依存的に誘導されるエピジェネティックな脳内遺伝子発現調節が音声発声学習の臨界期制御に関与する』

Epigenetic gene expression dynamics induced by singing regulate the critical period of vocal learning

小林雅比古・今井礼夢・森千紘・Wan-chun Liu・和多和宏(ポスター発表)

 

Animal 2011:日本動物心理学会・日本動物行動学会・応用動物行動学会・日本家畜管理学会合同大会 

(東京・慶應義塾大学三田キャンパス)

201198

『聴覚入力阻害による囀りパターン固定化への影響』

森千紘, 和多和宏 (ポスター発表)

 

日本神経科学会 第34回大会

(神奈川・パシフィコ横浜)

2011916

『音声発声学習臨界期前の聴覚除去は音声パターン固定化時期を遅延する』

Deafening before critical period of vocal learning causes delayed stabilization of vocal patterns.

森千紘, 和多和宏 (ポスター発表)

 

2011916

『小鳥の囀り学習過程における種特異的な囀りパターンの発達変化』
Learned heterospecific song patterns were limitedly produced at juvenile stage but finally restricted by species-specfic manners in songbird

今井礼夢、和多和宏 (ポスター発表P3-j02

 

日本動物学会 第82回大会 

(北海道・旭川市大雪クリスタルホール)

2011921

『発声学習臨界期における多段階発現制御機構とエピジェネティクス動態』

和多和宏 (シンポジューム 口頭発表)

 

2011921

『聴覚入力阻害による囀りパターン固定化への影響』

森千紘, 和多和宏 (ポスター発表)

 

2011921

『小鳥のさえずりパターンにおける種特異的拘束』

今井礼夢、和多和宏 (ポスター発表1P039

2011922

『ホルモン投与による囀り行動の制御とその囀り発達への影響』

生田麻実、森千紘、和多和宏 (ポスター発表)

2011922

『囀り学習臨界期中の囀り頻度は囀り日内発達に影響を与える』

大串 恵理、和多 和宏 (ポスター発表)

ASCON

 (長野県 上諏訪)

2011113

『神経行動科学から考える「生まれと育ち」』

和多和宏 (口頭発表)

 

Neuroscience 2011

(Washington, DC, USA)

20111112

Deafening before critical period of vocal learning causes delayed stabilization of vocal patterns.

森千紘, Wan-chun Liu, 和多和宏(ポスター発表)

 

20111113
Restricted learning of heterospecific song in zebra finch
R Imai, K Wada
(ポスター発表Poster 303


2011
1114

Epigenetic gene expression dynamics induced by singing regulate a critical period of vocal learning

Masahiko Kobayashi, Raimu Imai, Chihiro Mori,Eri Ohgushi, Haruhito Horita, Wan-chun Liu, Kazuhiro Wada (ポスター発表)